トランジスタ式ミニワッターpart5 15V版の半導体部品【02】

f:id:L10Eng:20171128223442j:plain

終段のダイオード2個/組ペアリング

 

ぺるけさんのトランジスタ式ミニワッタ―Part5 15V版終段に使用するダイオード:UF20104個は、ペアリングが必要である。

http://www.op316.com/tubes/mw/mw-15v-p5.htm

〔1〕考え方

  • ぺるけさんの記事によれば、「UF2010は、可能であれば順電圧が近いもので左右ペアを組むことを推奨」。
  • このことで、「ダイオード2本を直列使用なので、2本の合計値が近ければ十分」とされている。

〔2〕ペアリング

  • ぺるけさん頒布のダイオード:UF2010は、順電圧の揃ったものである。実測してみたのが上記
  • ダイオード2本の合計値が近ければ十分」であるから、①#1+#2=0.922(V)と、②#3+#4=0.923(V)の組合せが成立する。
  • 何度か試行したが、同じペア傾向であった。

※1:4個あるダイオードを、無配慮で使用することは止めようという考え方である。

※2:順電圧の1mVレベル(総数点以下3桁)まで拘らなくても良いとはいえる。

 そもそも、ぺるけさんの頒布は選別品であるし、 テスタの計測精度や如何に…。